お金に余裕の無い人はどんぶり勘定では無くて支出をおさえる必要があります。そこで、項目別に費用を分けておきます。

費用の支払いはお金を使ったほうが良いか
費用の支払いはお金を使ったほうが良いか

お金の節約術は、項目費用別に分けておく事。

私は以前は会社勤めを25年間していました。きちんと貯金はしていましたが、殆どどんぶり勘定で、普通預金が貯まってくると定期にしていました。それでも貯金は割としていました。それは収入が多かったからです。私はお金は使いすぎなければ、貯金はできると思っていました。それもこれも、収入が多ければの話です。少なければ、計画的に使わなくては、残りません。

今、現在収入が減りました。それは、自己都合では無くて、会社都合で退職を余儀なくされてからは、きちんと定職につけなくてフリーターをしているからです。それからというものは、収支の割が悪くなりました。つまり収入の割には支出が多くなりました。貯金はどんどん減る一方です。それまでの生活とは一転しなくてはなりません。

中々生活を変えるのは無理でしたが、お金の事ですから仕方がありません。私は、支出を減らす為に、よく世間で言われている“封筒貯金”をしました。それまでは、貯金は口座にないと、利子がつかないから損だと思っていました。今は定期でも利子と云うのは有って無い様なものです。僅かなのです。普通預金ならなおの事です。僅かな利子の為に、口座の中にどんぶり勘定をして、どれだけ使っていいのか把握せずに、出勤していう方がよいのか、きとんと封筒で確保して、要る分はそこから項目別に支出するほうがよいのか、そこは本人次第です。口座の中のものを項目別に仕分けできているのなら良いですが、できていないなら、無計画に支出はされます。私は封筒貯金をしました。それと、車検や自動車保険の更新等、大きな支出のものは、月割で割って毎月封筒に積み立てて行くようにもしました。こうやって、項目別の費用の支出分を確保して、把握する事により、支出が抑えられる様になりました。お金を計画的に使うってこういう事なのだなと実感しました。

金融・お金に関わる話は、情報量が多いこのサイトが手軽で便利です。